下地島のダイビングポイント「なるほど☆ザ☆ケーブ」

Pocket

本日ご紹介しますダイビングポイントは、

下地島にあります、地形あり、マクロ生物あり!

その名は「なるほど☆ザ☆ケーブ」

★ダイビングポイントの魅力

細い入口を通り、まず頭上から入ってくる光に感動させられます。

そこから奥に進むのですが、ケーブが狭く、天井が低いので、

通る際は水底を這いつくばって進みます☆

そうすると、目の前にまっすぐに差し込む光が

私たちを迎えてくれます(#^^#)

その光を横目に進み、三角形の洞窟を抜けると、出口が見えてきます!

そして、その出口を抜け振り返ると、、、、、、、、?

なんと入口に戻って来てます!!!!☆

知らないうちに洞窟の中で一周回っている!?

珍しく、ビックリするようなダイビングポイントとなっております(”◇”)ゞ

★ダイビングポイントまでの所要時間

出港は荷川取漁港という港です。

そこから約30分移動しますと、ダイビングポイントに到着します。

走行中は伊良部大橋の下を通りますので、ぜひお写真を撮ったり、

海のお写真を撮ったりして、のんびりとお過ごしくださいね(^◇^)

★水深

MAX深度が約-15mと比較的浅いダイビングポイントとなっております。

AVE深度は約-8or-9mくらいです。

深度が浅いのでOWD(オープンウォーターダイバー)の方でも、

十分楽しめるダイビングポイントとなっておりますよ!!☆

★潜水時間

比較的深度が浅いので、エアーの消費はそんなにないと思いますが、

FUNダイビングのトータルダイブタイムが約40分前後となっております。

(安全停止含め)

★推奨ダイバーランク

OWD/PPB SP  経験本数15本以上

中性浮力は洞窟の中で大活躍しますので、

ぜひPPB SPを受講してから行きましょう~!!

そうする事で、楽しさが倍増しますよ(^◇^)

★注意点

基本的に洞窟の中は狭く、細く、暗くなっています。

しっかりと、前の方に続いて頭や腕などを壁に擦ったりしないように

気を付けましょうね!

器材もオクトパス・ゲージなどはブラブラさせず、

しっかりとBCDに固定しておきましょう!

暗い所もありますので、ライトは必要ですよ!!

水深が浅く、エアーの心配がない方でも、必ずご自身で

こまめに確認作業は行って下さい(”◇”)ゞ

残圧が残り100になった、もしくは100近くになった場合は、

担当のガイドに自己申告をお願い致します!!!☆

11月に突入しましたが、まだウエットスーツで潜れます!

今年の潜り納は、ぜひ宮古島で!!!(#^^#)

 

STAFF なみぞ~

カテゴリー: blog, ダイビングスクール, ファンダイビング, ライセンス取得   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。