マレア発掘ダイビングポイント JDC

Pocket

マレア宮古島店が10年以上も前に発掘したオリジナルダイビングポイント

宮古島でも珍しい砂地のダイビングポイント【JDC】

名前の由来は・・・。

当時このダイビングポイントを発掘した方たちが名付けました。

さてどんなダイビングポイントかといいますと。

 

ダイビングエリア:下地島

風向き:東から北寄りの風

地質:砂地

水深:約10メートル

流れ:稀にアリ

生息生物:スカシテンジクダイ・キンメモドキ・ケラマハナダイ・フタイロハナゴイ・クマノミ・グルクン・スズメダイ各種・時々カエルアンコウ・ダルマハゼ etc…

やっぱり宮古島は地形ダイビング!!っていうイメージですが、

地形を潜ってからの砂地のダイビングポイントは宮古島のイメージとは違うかもしれませんが新鮮でそれもまた素敵かと思います。

または、リフレッシュダイビングやチェックダイビングにも最適です♪

水深も比較的浅く明るいので初心者の方でも安心して潜れますよ☆

ここのダイビングポイントは久しく誰も潜っていなかったりすると、

砂が波を打っている【砂紋】といいますが。

その砂紋がものすごく綺麗な時があります♪

 

だれも足跡を付けてない感じが最高です♪

ゆっくりフィッシュウォッチングするにはお勧めのダイビングポイントですね♪

魚の群れを観察したり、マクロな生物を探したり。 ただただフワーっと浮いてる感じを楽しんだり。 時には砂地で運動会をしたり・・・。


※選手宣誓の図です。

これは、置いといて。

THE沖縄!!という雰囲気を感じられると思いますよ♪

 

 

そんなJDCにおすすめなスペシャルティ講習はコチラ

☆魚の見分け方スペシャルティ☆

ログ付けタイムでこんな光景ありませんか?

ダイバー:今日見た魚で~。これくらいのサイズで、何か青とか、黄色とか色の魚なんですか?

ガイド:(図鑑を見ながら)これですか?

ダイバー:んー。もうちょっと形がシュッとしてて~。

ガイド:ではこれですか?

ダイバー:んー。

ガイド:んー。

こんな時こそ!!スキルを活用するときです。

色んな魚の特徴を見てくるコツをお伝えします。

そして、ダイビングで生息環境や特徴をスケッチか撮影してきてもらいます!

 

これでアナタも魚博士になれますよ♬

一気に沢山の生き物の名前を覚える必要はありません。

気になる生き物から1つずつ一緒に覚えていきましょう♪

ますますダイビングにハマっちゃう事間違いなし!!

 

それでは、今日はこの辺で~。

ADIOS!!

 

カテゴリー: ファンダイビング, ボートダイビング   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。