ダイビング参加前の確認事項


ダイビング参加前の確認事項

ダイビング参加前の確認事項

健康状態と病歴の確認・診断について

健康状態と病歴の確認・診断について

体験ダイビングやライセンス取得コースなど、初めてのスキューバダイビングに参加する場合は宮古島に来る前に過去と現在の病歴について診断書をチェックしていただきます。
PADI病歴/診断書をダウンロード後プリントアウトして、全ての質問にYES・NOで答えていただき、YESがあった方は医師の診断が必要となります。PADI病歴/診断書の裏面に医師からの参加可否・所見・署名を書いていただく欄がありますので、病院に行く際には記入済みのPADI病歴/診断書をお持ちいただくようお願い致します。

■60歳以上の方は、普段の生活が健康でも潜水病と呼ばれる減圧障害は年齢の増加によって発症確率が高まりますので、安全の為にYESの有無に関係なく医師の診断が必要となりますことをご了承下さい。

■指導団体や潜水協会の調査により、自覚症状のない病気がダイビング活動をきっかけとして発症し、重度の障害や死に至る事故が増えてきているとの実例があります。

■水中でのトラブルはご本人様だけでなく、同行者様や一緒に潜っている方の危険にもつながりますので、安全なダイビングの為に診断をお受け頂きますようお願い申し上げます。また、病歴診断書にYESがついている状態でダイビングを行った際、障害保険が適用されない場合もございます。

■病歴診断書にYESがある場合、インストラクターの判断では許可が出せないので、ダイビングに参加することが出来ないことをご了承下さい。

■来店時に診断書をお持ちでない方は、宮古島の病院にて診断を受けてからのダイビングとなりますので、通常のスケジュール通りに潜れないことをご了承下さい。

マレア宮古島でのダイビングを安全に楽しんで頂く為に、YESの項目がある方、60歳以上の方は、必ず医師に診断を受けてからご来店されますよう、お願い申し上げます。

 

レンタル器材について

レンタル器材について

レンタル器材をご希望の方は、身長、体重、靴のサイズが情報として必要になりますので、ご来店前に当店予約担当までお伝え下さい。また、レンタルする器材の種類も合わせてご連絡下さい。
フルレンタル、軽器材セット、重器材セット、ウェットスーツ、ダイブコンピューター、水中用デジタルカメラ、水中ライトがレンタル可能となっております。度付きのマスク、ダイブコンピューター、水中用デジタルカメラ、水中ライトをご希望の方は、数に限りがありますので必ずご予約時にご確認下さい。

体験ダイビングにご参加の方、Cカード(ライセンス)取得コースにご参加の方で器材をレンタルでスタートする方は、フルレンタルをご選択ください。

※宮古島の見所は地形を楽しむ場所が多くございます。特にホールやケーブといった洞窟の中は、暗い場所が多いので水中ライトの持参、もしくはレンタルをオススメ致します。

詳しくは料金一覧ページのレンタル器材欄をご覧ください。

 

ご自分の器材をお持ちの方について

ご自分の器材をお持ちの方について

事前にショップ(ホテル)に器材を送る方は、下記の住所にご発送下さい。

〒906-0305
沖縄県宮古島市下地字与那覇847-3 マリンロッジ・マレア

お送りの際は、使用日もご記入下さい。
またダイビングショップ様のツアーでご参加される方は、お名前の横にショップ様の名前もご記入下さい。

器材発送の注意事項
水中ライトならびにデジタルカメラを発送される方は、電池・バッテリーを抜いた状態での発送をお願い申し上げます。電池やバッテリーが入ってる場合、航空便ではなく船便になり、発送から到着まで1週間近くかかりますのでご注意下さい。海が荒れた場合は使用日に間に合わないこともあります。

 

宮古島の水温と季節に合わせたスーツ選択について

宮古島の水温と季節に合わせたスーツ選択について

当店のレンタルウエットスーツは、5mmワンピースとなります。
6月~10月はそれだけで十分ですが、11月~5月は頭の保温するフードやウェットスーツの隙間をなくすためのインナーベスト、ボート上での冷たい風から体を守るボートコートがないと寒い日があります。貸出用のフードベストやボートコートもご用意しておりますが、数に限りがありますので、できればご持参ください。

12月~4月はドライスーツをお持ちの方はご持参いただくと快適です。

宮古島の季節(月)ごとの平均水温や使用するスーツについてのシーズナリティはこちらから

 

その他、よくあるご質問

その他、よくあるご質問

Q.体験ダイビングではどんな場所に潜るの?
A.ビーチかボートによって難易度や見れるものが違います。

体験ダイビングの場合
初めてスキューバダイビングにチャレンジする方や、船酔いや足の着かない深さに不安をお持ちの方は、足が着く浅い場所からスタートしてクマノミを始めとするトロピカルな魚やサンゴが沢山見られるビーチダイビングをおすすめします。
宮古島の高い透明度や豪快な地形、水深12mまで潜ってみたい方や、過去に体験ダイビングの経験がある方はボートダイビングに挑戦してみましょう。

体験シュノーケリングの場合
宮古島のビーチスポットは遠浅で水深が2~6m前後になっており、浅い場所に元気に発達したサンゴや沖縄らしいトロピカルな魚が近くで見れますので、シュノーケリングツアーはビーチがオススメです。ボートでのシュノーケリングは、水深が10m程度の場所が多いです。団体様やグループ・ご家族でご参加する場合は、ボートをチャーター(貸し切り)して陸からでは行けないシュノーケリングスポットをご案内することもできます。

Q.ライセンス取ったばかりだけど大丈夫?
A.大丈夫!!でもせっかくなら深いとこまで見て欲しい!!

宮古島の海は、地形が有名です。自然が作り出した、洞窟や差し込む光、ダイナミックなドロップオフなどは浅い水深でも楽しめます。ただし、宮古島のほとんどの有名ポイントは水深が深いので、100%宮古島でのダイビングを楽しむには、AOW(アドバンス・オープン・ウォーター・ダイバー)の取得を強くオススメします。
まだディープダイビングの経験が無い方、AOWライセンスをお持ちでない方は、2日間あればAOWを取得できますので、是非とも宮古島の綺麗な海で取得されてはいかがでしょうか??
マレアSTAFFが全力でサポートいたしますので、ご不明な点などございましたらお問い合わせ下さい。

Q.到着日から潜りたい!!
A.可能ですが到着時間によって潜れる本数が変わります。

宮古島到着後ボートダイビングに参加される方は12:00までの到着便にてお越しください。

・8:15到着の那覇から宮古島へのJTA朝一便なら、到着後3ボートダイブが可能です。
・9:40~10:20到着の羽田-宮古直行便なら、到着後ホテルで着替えて2ボートダイブが可能です。
・10:40以降の便でご到着場合、宮古空港から直接港に向かいます。午後からの出港時間ギリギリになりますので、できれば水着をご着用されてご到着ください。
・12:00以降到着の場合は、ショップから近いビーチスポットでのダイビングでしたら可能です。

Q.ひさしぶりのダイビングで不安・・・
A.リフレッシュ(思い出す)ための施設やメニューをご用意しています!

ダイビングが久しぶりで不安な方は、「リフレッシュダイビング」から始められてはいかがでしょうか?宮古島に着いて次の日の朝からボートダイブだと、1本目から深い場所へ行ったり、暗い洞窟を潜ったり、周りの人に合わせて準備したり、不安要素は沢山あると思います。

マンツーマン・もしくは少人数で開催できるリフレッシュダイビングは、プール(最大水深3m)ビーチ(最大水深6m)にて実施します。

Q.魔王の宮殿や通り池などの有名ポイントに潜りたい
A.三大地形ポイントなどの有名スポットは「下地島エリア」に集中しています。

マレアでは有名ポイントを潜っていただくことに力を注いでいますが、年間を通して行けるわけではなく、アクセスしやすい時期があります。海況が安定しやすい6月、11月。北東の風が吹く日が多い12~4月がおすすめです。

4月~6月 伊良部島&下地島(どちらも同じくらい)
7月~9月 伊良部島&下地島&八重干瀬(伊良部島が多め)
10月~12月 伊良部島&下地島(下地島が多め)
1月~3月 下地島&宮古島南海岸(下地島が多め)

※あくまで目安となり、当日の風向きと波高によって潜るポイントを決定いたします。

宮古島の季節(月)ごとの平均水温や使用するスーツについてのシーズナリティはこちらから

マレア宮古島のダイビング案内マレア宮古島ってどんなとこ?施設案内お問い合わせ

コメントは受け付けていません。