9月の宮古島はダイビングスポットが変わるシーズン!三大地形ポイントは?

9月の宮古島ダイビング

徐々に日差しが落ち着いてくる9月。それでもまだまだ、水温・気温共に南国ムードたっぷりな宮古島。透明度も透視度も上がってくるため、宮古ブルーと呼ばれる真っ青な世界に、白くキラキラとした日差しが射しこみます。風向きの変化によって、伊良部島や下地島の様々なダイビングスポットへアプローチすることが可能になってくるので、より芸術的な姿を見せてくれる宮古島の地形を堪能しに行きましょう。

9月の宮古島ダイビング
夏から秋にかけて透明度が抜群にあがる宮古島の海

8月の夏休みシーズンを終えて、少しずつ過ごしやすい日が増えていく9月。それでも、平均気温は28度~32度と日差しも強く、台風に関しては8月に比べると数は減りますが「猛烈」で「大型」になることがあります。突然進路を変えてカーブしたり、過ぎたと思ったらUターンしたりすることもあるため、天気予報や台風進路情報は直前までしっかりチェックしておきましょう。

一方で、7月や8月に比べると、旅行者が少し減ってくるため、その分料金がお得に旅行できる時期でもあります。9月も下旬に差し掛かると、朝晩は少しひんやりすることも。薄手のパーカーやストールなど、軽く羽織れる物を持ってくると便利です。

体験ダイビングで人気の来間ビーチ
まだ水温が温かいので体験ダイビングやシュノーケリングも快適

9月の宮古島ダイビングスポット

秋に向けて南東〜北東の風向きに変化する9月は、これまで行きにくかったスポットへもチェレンジできる可能性がグッと上がります。日によって南東の風と北東の風が吹くため、おすすめポイントも伊良部島と下地島で半々です。北東の風が吹く日は、この時期から行きやすい「魔王の宮殿」「アントニオガウディ」「通り池」など、有名な地形ポイントが期待できます。

魔王の宮殿
魔王の宮殿は下地島の水深25mにある縦穴系洞窟ポイント

魔王の宮殿

3つのホールがつながっており、各場所に名前がついています。最初は、宮殿のエントランスホール。そこから、細くて真っ暗な洞窟の通路を抜けて出た先が、よく雑誌などで登場するメインホール。その奥にあり、最後に現れるのが「魔王の寝室」です。魔王は座って寝るのかな?と思うほどに狭いため、中性浮力のコントロールと砂の巻き上げに注意です。砂やシルト(砂より細かい浮遊物)を巻き上げてしまうと、せっかくの洞窟上部から入る光のカーテンが綺麗に見えなくなってしまいます。

アントニオガウディ
ガウディは下地島の水深36mにある中級者以上向けのポイント

アントニオガウディ

洞窟の中に入ると、自然が作り出した幻想的なアーチが複数あり、穴から入り込む光とソフトコーラルのシルエットの美しい景色が広がっています。水深がかなり深いので水中ライトで壁面を照らしてみましょう。宮古ブルーと呼ばれる真っ青な色と黒い岩とのコントラストが、冒険心を一層掻き立ててくれること間違いなし。ダイブコンピューターの減圧不要限界に気を付けながら、ダイビングでしか味わえない世界を楽しみましょう。

通り池のケモクライン
下地島にある通り池は、見た目はその名の通り“池”です

通り池

池と言っても海とつながった池が二つ連なっており、海と池の間を行き来することができます。海側から侵入したアーチ部分の天井で水深20m、水底まではなんと45m。このポイントの魅力は何と言っても水の色。エントリーした海側から、池の方面へと進んでいくと、まずは濃いブルーの世界が広がります。そこから、池に近づいて見上げると緑や黄色へと色が変化していきます。その日の海況や天候によっても見える色は異なりますので、行くたびに違う景色を楽しむことができるでしょう。

秋に差し掛かるこの時期は、天候や海況が安定していくことにより、透明度がグッと上がります。9月の透明度は、平均25m前後。運が良ければスコーンッと抜けた40mの世界に出会えるかも。

9月のダイビングは5mmウェットスーツがおすすめ

9月の宮古島の水温は相変わらず28℃前後と、かなり温かく快適な状態。フードやグローブ、ベストなどが無くても、ウエットスーツのみでストレスなく潜れます。ただし、北東の風や北風が吹いた日や、台風が接近して天気が崩れると、ボートの上では肌寒く感じることもあるので5mmウェットスーツがおすすめです。

快適なダイビング器材
5mmツーピースなら天気によってジャケットで調整できる

晴れた日の日差しは、まだまだ強いため、日焼け対策はしっかりと行ってください。船の上では、ラッシュガードや帽子、サングラスなどを身に着けて、熱中症や火傷のような日焼けをしないように気を付けてください。

9月の宮古島観光におすすめの情報

島タコが入ったちゃんぷるー
宮古島産のタコが入ったチャンプルー丼

宮古島のローカルグルメ

宮古島はタコ料理が有名なのはご存じでしょうか?9月後半から冬先に取れる「シガヤーダコ」は煮ても焼いても、酢の物にしても美味しい名物品のひとつです。他にもマグロやカツオ、ヤシガニを使った料理や、宮古島の家庭の味ともいえる島おでん、宮古そばや宮古牛のステーキなどがあります。一人旅でダイビング三昧の旅行となると、どうしても簡易的な食事で済ませてしまいがちですが、ぜひ島ならではの味も堪能してみてください。

来間島の竜宮城展望台
来間島にある絶景スポットの竜宮城展望台

宮古島の絶景観光スポット

宮古島は一周100㎞程度の島で、車なら約4時間程度でグルっと島内をまわることができます。来間大橋などの絶景が広がる「竜宮城展望台」や、日本百景や日本の展望スポットランキングにも選ばれた「東平安名崎灯台」、ジュースのCMにも使われた「砂山ビーチ」など、車でしか行けない絶景観光スポットがいっぱい。バスなどが通っている場所もありますが、本数も限られているため、時間がとれるならレンタカーを借りることをお勧めします。

東平安名崎
東シナ海と太平洋に突き出した東平安名崎

9月はまだまだ夏を感じられるこの時期。それでも、風向きなど少しずつ気候が変化していくため、これまでの季節ではなかなかチャレンジできなかったポイントへ行くチャンスが増えます。9月下旬になると朝晩は涼しく過ごしやすくなってきますが、日中は暑い日が続きますので暑さ対策と日焼け対策を万全にして、透明度が上がってくる宮古島の海を堪能しましょう。

Share

Share on facebook
Share on twitter