宮古島の10月はダイビングで透明度抜群の海へ!おすすめスポットを紹介

宮古島の与那覇前浜のビーチ

引き続き日中は暑い日が続く10月の宮古島。風向きが南から北へ変わる時期なので、夏場は行きにくかった下地島のダイビングポイントへのアプローチも可能に。本州ではドライスーツへの切り替えが検討される水温ですが、宮古島ではまだまだ5㎜のウエットスーツで十分。観光客も落ち着き始めるこの時期に、透明度抜群の宮古ブルーと光のコラボレーションを満喫しに行きましょう。

宮古島の地形ポイント
透明度抜群の宮古ブルーを堪能しよう

平均気温は23度~29度で、陸は過ごしやすい日々が続きます。海では北風が強い日が増え、季節の変わり目で少々コンディションが不安定になる時期。それでも、日に日に透明度が上がるので、光に照らされたキラッキラな宮古島に出会えます。観光のピーク時期は過ぎますが、水温もまだまだ26度~28度と温かく快適な宮古島。少人数開催ならではの手厚い指導が受けられるチャンスでもあり、体験ダイビングや初心者の方にもおすすめの時期です。

2022年10月11日から全国旅行支援がスタートし、旅行代金が40%割引で宮古島ダイビングに行けるチャンス!宿泊と航空券がセットのツアーで予約をするのがおすすめです。

10月のおすすめダイビングスポット

この時期は北からの風が強くなってくるので、下地島エリアでのダイビングがおすすめ。定番スポットと言えば、三大地形ポイントの魔王の宮殿、アントニオガウディ、通り池ですが、今回はちょっと別のポイントを紹介します。

本ドロップのロウニンアジ
ドロップオフのロウニンアジ

本ドロップ

ここは宮古島周辺で一番ロウニンアジとの遭遇率の高いポイント。ロウニンアジとは、大きいものだと全長1.8m(体重80kg)にまで成長する巨大な魚。英名はGiant Trevallyで、別名「GT」とも呼ばれています。強そうでカッコイイ名前ですね!成魚になるまでは群れで生活するので、運が良ければGTが連なる大迫力の光景に出会えるかも。また、本ドロップには水深5mから最大水深40mのドロップオフに亀裂があり、堂々と待ち構えるロウニンアジが見られます。

ホシゾラワラエビ
ソフトコーラルに住むホシゾラワラエビ

女王の部屋

魔王の宮殿の名に負けないポイントの「女王の部屋」。宮古島のダイビングポイントには、遊び心満載の面白い名前がたくさんあります。洞窟内に開口部が5つあり、入り口で既に深度25mほど。最深部は最大水深35mと深いので中級者向けの場所です。減圧不要限界(NDL)や残圧にも注意が必要。

名前についている「女王」はホシゾラワラエビのことだと言われています。まるで足長蜘蛛のようなそのフォルムに水中で光を照らすと、足の部分が星空のようにキラキラ光ります。初見ではエビに見えないのですが、顔をよく見るとちゃんとエビ。とても可愛い。

クリスタルパーク
真っ白な砂地に大きなハマサンゴの根

クリスタルパーク

宮古島では少ない砂地ポイントで、初心者向けの場所としておすすめです。美しい砂地に根が点在しており、スカシテンジクダイやキンメモドキ、ケラマハナダイなどがその周りを泳いでいます。水深は10mほどで、流れもほとんどありません。ブランクダイバーやゆっくり水中浮遊を楽しみたい方におすすめのダイビングスポットです。下地島の地形ポイントは水深が深い場所が多いので、連日のダイビングで体に窒素がたまってきたときに潜ることも多いです.

陸は比較的涼しくなりはじめますが、水中はまだまだ温かいこの時期。ピークはもう少し先ですが、マンタが回遊し始めることも。運が良ければ、洞窟やドロップオフなどのダイナミックな景色の場所でマンタが優雅に泳いでいく姿を見られるかもしれません。

マンタ
宮古島のマンタは突然あらわれる

10月のダイビング装備は5mmウェットスーツ

水温は26度前後とまだ温かいため5mmのウエットスーツでよいでしょう。少し寒がりの方は、1〜2mmのインナーやフード付きベストを使い始める時期です。本州と比べると気温は温かいですが、それでも朝晩は少し冷え込みますし、ボートダイビングの休憩時間や帰りの船上などは風が当たって少し寒い可能性もあります。長袖のパーカーやラッシュガードなどを持参しましょう。そうは言っても、日中は晴れると日差しが強いので、日焼け止めやサングラスなども持って行くことを忘れずに。

10月の宮古島観光におすすめの情報

博愛わいわいビーチ
わいわいビーチはダイビング講習でも利用します

宮古島のビーチ情報

10月の宮古島でシュノーケリングやビーチ遊びはできるのでしょうか?答えはYESです。サンゴ礁が隆起してできた宮古島では、シュノーケリングでカラフルなサンゴや可愛いお魚をたくさん見ることができます。年間通して水温20度以上ありますので、ウエットスーツ無しでも泳げますが、前記したようにサンゴが多い宮古島。怪我無く遊ぶためにもウエットスーツを着ることをおすすめします。

この時期おすすめのシュノーケリングやビーチ遊びのポイントは、宮古島南岸の博愛わいわいビーチやインギャーマリンガーデン、シギラビーチです。これらの海を安全に最大限満喫するためには、ガイド付きのショップ利用を検討しましょう。シュノーケリングやスキンダイビングのガイド付きツアーなら、広いエリアの中でおすすめのスポットへ連れていってもらえます。

ドラゴンフルーツ
宮古島南部や来間島にフルーツが食べられるカフェがあります

宮古島のトロピカルフルーツ情報

本州ではあまり見かけないフルーツをいくつかご紹介します。最近、本州でもたまに見かける、さっぱりしたスイカのような味が特徴のドラゴンフルーツ。その見た目で買うのを避けてきた方もいるのでは?中を割ると真っ白な果肉に黒い種。水分量が多いので、水分補給に最適です。

スターフルーツ
カットすると星形のスターフルーツ

お次は、スターフルーツ。切った断面が星の形をしていることからその名が付いたこのフルーツは、程よい酸味でさっぱりしています。特徴はその形と触感。90%が水分で、サクサクと言うよりシャクシャクしており、皮をむかずにそのまま食べるのがおすすめです。

カロリーが非常に低く、食物繊維が豊富でビタミンもミネラルも含まれているので、健康にもダイエットにもよいフルーツです。

宮古島の与那覇前浜のビーチ
与那覇前浜ビーチも10月はベストシーズン

10月の宮古島は、陸も水中もまだまだ温かいのに観光客のピークが過ぎてダイバーにとっては快適そのもの。台風シーズンも終わりに向かい、ダイビングポイントも次の季節へ変わる時期。夏場は行きにくかった下地島のポイントを中心に、ぜひ旅行計画を立ててみてください。

Share