PADI Advanced Open Water Diver

海を自由自在に遊ぶ アドベンチャーダイバーへ

PADI アドヴァンスド・
オープン・ウォーター

アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバーコース

スキルに磨きをかけて、海中の活動範囲を広げる

PADIアドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバーコース、通称「アドバンス」「AOW」では、水中世界の新しい発見、スキルアップ、様々なダイビングの経験を積むことが目的です。深い場所を安全に潜るための「ディープダイブ」と、国内外リゾートでセルフダイビングをするための「ナビゲーションダイブ」を習得することが必須です。
また、魚の観察や水中写真撮影、沈船や洞窟の探検などすべての活動に重要な中性浮力のテクニックを習うことで、スキルに磨きをかけて自信をつけることもできます。

水深30mまでのディープダイブができます

オープン・ウォーター・ダイバーで認められた水深は18mまで。

それ以上の深さで潜って万が一トラブルや事故が起きてしまっても、スキル不足として自己責任となる場合があります。マレア宮古島店のアドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバーコースでは、水深30mまでのダイビングを、ディープダイブに適した器材(レギュレーター・ダイブコンピューター)を使用して経験することができます。

沖縄の海を満喫するなら必須

生物観察や水中写真・動画撮影のダイブでは、基本的な中性浮力を復習し、さらに高いレベルへと引き上げることもできます。アドバンスのCカードは、沖縄や海外の中級~上級者向けダイビングスポットでは、必須資格とされているレベルでもあります。「AOW」コースの参加に必要な条件はただひとつ、OWDを終了していることだけです。とても楽しく、やりがいのあるコースで、学科の筆記試験はありません。気軽にチャレンジしてみましょう!

アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバーコースの流れ

STEP 1

オープン・ウォーター・ダイバーのCカードを取得した時に、学科講習が大変だったのではないでしょうか。宮古島滞在中の食事やリラックスタイムを満喫するためには、マニュアルの事前学習をきっちり終わらせておきましょう。

ご予約後、申込金の10,000円(税別)を指定口座にお振り込みいただいたら、ご自宅に参加書類とマニュアルを送付させて頂きます。ご自宅や通勤中などに予習をして頂ければ、宮古島での学科講習は2時間程度で終了します(終わっていない場合は4~5時間!)事前学習は以下の手順で進めてください。ご希望の方はDVDを使って一部を学習することもできます。

POINT 1
アドバンスド・オープンウォーターダイバー・マニュアルは、13項目の中から、5つの項目を選択して学習します

アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー・マニュアル」の目次から、「Thinking Like a Diver」「ディープ・ダイビング」「アンダーウォーター・ナビゲーション」他3つの選択項目を確認する。

「Thinking Like a Diver」で、オープン・ウォーター・ダイバーコースで習ったことの復習をしながら、経験豊富なダイバーの視点で物事を考える方法を学ぶ。

「学習目標」を確認しながら進めていきます。各ページの練習問題を解いて理解度をチェックしましょう。重要だと思う部分にはマーカー等を引いてチェックしましょう。

「ディープ・ダイビング」「アンダーウォーター・ナビゲーション」他3つの項目を進めます。3つの項目は、経験本数や所持器材に合わせて提案させていただきます。

各項目の最後のページにある「ナレッジリビュー」に答えを全て記入して提出することが事前学習のゴールとなります。分からない部分は空けておき、答え合わせをする際に担当インストラクターに質問しましょう。

STEP 2

宮古島空港に到着したら、担当インストラクターがお迎えします。空港から車で約15分のマリンロッジ・マレアにてオリエンテーションとスケジュールの確認後、マニュアルの答え合わせをします。

到着時間が早い場合は、午後から早速ダイビングに参加することもできます。数ヶ月以上ダイビングをしていなくてスキルに不安がある方は、プールでリフレッシュダイブをしましょう!

POINT 2
午前中に到着する便なら、初日の午後からダイビング可能です!

STEP 3

ディープダイビングなどの危険性が伴う特殊な環境で潜る為に必要な知識を身につけます。事前学習で記入して頂いたナレッジリビューの答え合わせをしながら、担当インストラクターがそれぞれの項目のダイビングで実施することや、更に楽しむ為のコツを教えます。

また、アドバンスを取得してから行ってみたい場所や見てみたい生物を聞かせていただき、お客様のダイビングライフスタイルにピッタリのコースや器材をアドバイスさせて頂きます。

POINT 3
マレアのインストラクターは各項目のスペシャルティ・インストラクター資格を取得しているので知識が豊富です。

STEP 4

1日目はスキルのチェックやリフレッシュもかねて、中性浮力の練習(ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー)や、リラックスして参加できるフィッシュウォッチング(魚の見分け方)、初心者のためのボートダイビング講習などに参加していただきます。

アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバーの取得には、5ダイブで取得可能ですが、コンパスナビゲーション以外はファンダイビングを楽しみながらクリアすることもできるので、宮古島でのダイビングの楽しさを損なうことなく、より多くのプラスアルファの体験ができます!

マレア宮古島のお勧めのダイビング

(1)水深30mまでの深さを経験するディープダイブ
(2)方向感覚を鍛える水中ナビゲーションダイブ
(3)中性浮力を練習するPPBダイブ
(4)船の特徴やテクニックを覚えるボートダイブ
(5)水中写真撮影の挑戦とコツを学ぶ水中フォトダイブ
(6)夜の海で水中ライトの使って潜るナイトダイブ

内容おまかせの基本コースは(1)~(5)にご参加いただき、3ビーチダイブと2ボートダイブに2日間で参加していただきます。

1番人気のナイトダイブ選択コースは(3)~(5)のうち1つを(6)に変更し、2ビーチダイブ+1ナイトダイブが1日と2ボートダイブが1日になります。
ファンダイビングをできるだけ楽しみたい方はオールボートダイブコースとして3ボート+2ボートか2ボート×2日と1ナイトダイブにアレンジすることができます

POINT 4
せっかくの宮古島です。有名なポイントを楽しんでいただきます。

STEP 5

次はどこの海に行きますか?どんな生物や景色を見たいですか?そしてどんな楽しみ方をしていきますか?

沖縄県内3エリアにショップがあるダイビングスクール・マレアは、皆さんの目標や夢を見つけるため、達成するためのお手伝いをする準備が整っております。

アドバンスを取得してから参加できるダイビングツアーや、さらにスキルアップするための20種類以上のスペシャルティ・コース、さらに視野を広げるためのレスキュー・ダイバーコースなど、AOWコースが終わってからは「マスター・スクーバダイバー」を目指しましょう!

POINT 5
アドバンス取得!挑戦できるダイビングスポットが一気に広がります。

MAREA SAFTY

マレアの安心

空港送迎サービス
空港到着口付近で、スタッフがお待ちしてます。空港から車で約20分、マレア宮古島で、オリエンテーションとスケジュールの確認後、学科講習をスタートします。
ダイバーのためのホテル

ダイビング設備が充実。3つの水槽と、100名分干せる広い洗い場、国内最大級の屋内エアチャージ室を併設するダイバーのためのホテル。

ダイビング専用プールと快適施設

プール講習は施設内の室内ダイビング専用プールで実施いたします。宮古島で唯一のダイビング専用施設です。

日程

到着時間や潜れる回数によって、コースが選べます。

※1日目の午前中に宮古島へ到着する便の場合。

   講習時間
1日目 :1ダイブ+学科講習+ログ付け10:00~19:00
2日目 :3ダイブ+学科講習&ログ付け+申請 8:00~20:00
3日目 :フリー 

※1日目の到着便は17:00までOKです。

    講習時間
1日目:学科講習15:00~18:00
2日目:2or3ダイブ(リフレッシュダイブ可)+ログ付け 8:00~18:00
3日目:2or3ダイブ+ログ付け+申請 8:00~18:00

講習費

64,800円(税込)
  • Cカード申請料4,672円(税込)
  • すべての教材費
  • ダイビング代
  • 施設使用料
3・4日間

アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバーコースの参加条件
参加前資格:オープンウォーターダイバー
※他団体のCカードの場合は4ダイブ以上のトレーニング経験がログブックで証明できればOK

最低年齢:12歳
※12歳~14歳はジュニアAOWのCカードが認定され、最大水深は21mまでとなります。
※15歳になったらアップグレード申請をすることができます。

料金に含まれるもの
ダイビング料金、乗船料(1日)、講習料金、教材費
シリンダー・ウェイト、保険料、3ダイブの日はお弁当代

料金に含まれないもの
器材レンタル料金、昼食代、項目ごとに発生する費用(特別に必要な器材や教材代)

アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバーコースで必要な物
お持ちのダイビング器材・ダイブコンピューター・緊急用シグナルフロート・水中用コンパス・水中ライト・水着・サンダル・タオル・筆記用具・3cm×4cmの証明写真(2枚)・Cカード・ログブック・トレーニングレコード・発送された教材(マニュアル)